UA-58509451-1

HANDWORK 

 
職人の技と技術が あります。

大工工事

 

木造の家造りを考える

快適な住まいを造り上げる

期間は多岐にわたります。

基本、家造りと言っても、大工工事がどれ程の工程に関わっているか?
それは、基礎工事の後から継ぐ土台敷きから始まり、上棟・屋根・外壁・内壁・下地・床・内装ボード張り、そして仕上げ工事と家造りの始めからほぼ最後までとなります。
だからこそ、住まいを快適かつ機能的なものにするためにも職人の知識と技が重要なポイントだと考えます。
弊社では40年以上の経験豊富な人材と、1級施工管理技士(国家資格)を持った職人がお客様の意見希望を実現いたします。


左官工事

 

熟練したプロの技が光ります

技術職は...
経験に勝るものは無い!

美しい部屋で心を洗う。

左官の仕事は一言で言い表せない程、沢山の種類があります。
工程や仕上げによって様々な材料と道具使いこなします。
もちろん季節や風土、地形によっても工事は幾種類にも及びます。
よく知られているのが、和室や床の間の壁です。
漆喰(しっくい)壁・モルタル壁・土壁・砂壁・珪藻(けいそう)壁と多種ある種類の中から選ぶ事が出来ますが、工事、作業を行う職人によって仕上がりは大きく変わってきます。
弊社の職人は45年もの長きにわたり現場で培った親方を中心に若手の補佐を加え安心出来る仕事を致します。


ブロック工事

 

安全性かつ美しさにこだわります。

簡単に見える。
いえいえ知識と技術が必要不可欠なんです。

仕上がりで強度も違う?

ブロック工事には化粧ブロック・ガラスブロック・普通ブロックと様々な種類があります。
隣地との境界線に積む境界ブロック・花壇や植木を植えるための土留めブロック・
道路面のブロック塀や門柱に使われる化粧ブロック・車庫などに使われるブロック基礎があります。
例えば塀は高さを増すごとに倒壊しやすくなるのです。
2m程のブロック塀を目隠しとして造る場合、高く積み上げるにはブロックを10段積み上げなければなりません。正しい知識を持った職人が正しい工法の施工をすることにより美しく強度のあるブロック塀が出来上がります。
弊社では土木施工管理技士の免許を持った職人が、お客様のご要望にに合わせ、安全性の高い様々なブロック工事の施工をさせて頂きます。